ロボットプログラミング
オンラインコースが開講!

  • 2020年から小学校でプログラミングが必修化されます。 小学校で授業が始まる前に、プログラミングにチャレンジしてみましょう!
    オンラインコースでは、ご自宅にパソコンとインターネット環境があれば、日本全国どこからでも手軽にロボットプログラミングの基礎が学べます。

  • プログラミングの基礎を身に付ける

    マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発したビジュアルプログラミングソフト「Scratch」をロボットプログラミング用にカスタマイズした「mBlock」を使って、プログラミングを学習していきます。ビジュアルプログラミングは、プログラムを数字や英語などの文字で記述するのではなく、ブロックを並べてプログラムします。タイピングミスを気にすることなく、簡単にプログラムの勉強ができます。

  • プログラミングができると良いのはなぜ?

    今までは先生の持っている知識を生徒に伝える「知識偏重型教育」でした。これからは生徒が得た知識をどのように活用するのかが求められてきます。プログラミングはトライ&エラーを繰り返すことができます。多様な視点で試行錯誤を重ねていくことで、クリティカルシンキングと創造力を鍛え、視野や考えが広がる源になります。

  • 新しい時代を生き抜く力を身に付ける

    スマート家電や自動運転車などと共存していく時代、地球上の様々な問題を解決しなければならない時代。「コンピューターが得意なこと」・「人間にしかできないこと」それは何かを知っておくことが重要です。みんなで考えていきましょう。

学習内容

  • 無料体験教室

    無料体験会では、オンラインコースの授業を実際に体験して頂きます。

    【体験内容】
    プログラムについての基礎のお話
    簡単なプログラミング(マウス操作のみ)

    1. お申込みから無料体験会ご参加までの流れ

      1.下記フォームからお申込みください。
      2.無料体験会を視聴するためのURLをメールにて送付致します。
      3.無料体験会開催日までにこちらを参考にライブ配信の視聴テストをお願い致します。
      ご視聴は、PCまたはタブレット、スマートフォンでも可能です。
      4.無料体験会開催日までにこちらからプログラミングソフト「mBlock3 for PC」のインストールをお願い致します。
      5.開催日時に2でお送りしたURLにアクセスしてください。
      6.無料体験会スタート!

    受付状況
    対 象:小学4・5・6年生
    開催日:7月15日(祝・月)
    時 間:17:00~17:45(45分間)
    終了
  • 全12回の学習内容

    全12回で、ロボットプログラミングの基礎を学習していきます。
    パソコン上のデジタルデータと、ロボット自体のアナログ素材を扱い、考える力を身につけます。


    1. 第1回

      十字キーコントロール
      mBotをパソコンの十字キーを使って操縦できるようにプログラムを考えていきます。mBotを上手に制御してみましょう。

      光センサーで部屋の明るさを測る
      mBotに搭載されている光センサーで明るさを測るプログラムを考えていきます。部屋の明るいところ、暗いところを調べてみましょう。

    2. 第2回

      LEDライトを光らせる
      mBotに搭載されているLEDライトを光らせるプログラムを考えていきます。ライトの色は、赤・緑・青それぞれの設定で約16,777,216色のパターンが作れます。光の3原色を学習しながら、お気に入りの色に光らせてみましょう。

       

    3. 第3回

      ブザーで音を鳴らす
      mBotに搭載されているブザーで音を鳴らすプログラムを考えていきます。ブザーをうまく組み合わせて音楽を演奏してみましょう。

       

    4. 第4回

      超音波センサーで障害物を避ける
      mBotに搭載されている超音波センサーで障害物を避けるプログラムを考えていきます。障害物がある道を避けながら走行してみましょう。

       

       

    5. 第5回

      ライントレースセンサーで線を辿る
      mBotに搭載されているライントレースセンサーで線を辿るプログラムを考えていきます。センサーの値に注目して、線上を走行させてみましょう。

       

    6. 第6回

      タイルコースゲームにチャレンジ
      学んだ事を生かして、タイルコースゲームにチャレンジしてみましょう。

    7. 第7回

      光センサーを使って、グラフを作成してみよう!
      mBotから光センサーのデータを調べ、パンダにグラフを作成してもらいます。

    8. 第8回

      超音波センサーを使って、テルミンを作成してみよう!
      手との距離によって、音階が変わるようにプログラミングをします。

    9. 第9回

      赤外線センサーを使って、mBotを制御してみよう!
      赤外線リモコンを使って、mBotの指示を出します。自分だけの動きを作って、リモコンに設定してみましょう。

    10. 第10回

      メッセージブロックを使って、やりとりしてみよう!
      メッセージブロックを使うことで、スプライト同士でコミュニケーションが取れます。またmBotも2台使うと赤外線を使ってコミュニケーションが取れます。

    11. 第11回

      mBotのボタンを使って、トグルスイッチを作ってみよう!
      1回押したら…2回押したら…というように、ボタンを押す回数によって動作を変えるトグルスイッチを作ります。
      ロボコン「MakeX」にチャレンジする方は、必須のプログラムです。

    12. 第12回

      mBotで、mBlockのキャラクターを制御してみよう!

      mBotは車以外の形でも使うことができます。例えば、コントローラーのような形に組み替えてみましょう。形は自由です。コントローラーを使ったオリジナルのゲームを考えてみましょう。

    受付状況
    対 象:小学4・5・6年生
    開催日:7月8日・15日・22日・29日(月)
    時 間:18:00~18:45(45分間)
    終了
    対 象:小学4・5・6年生
    開催日:8月14日(水)・15日(木)
    時 間:13:00~15:00(45分間×2)
    終了

担当講師

講師
  • 久木田 寛直<small>Kukita Hironao</small>
    久木田 寛直Kukita Hironao

    株式会社Azhai Communications(アザイ・コミュニケーションズ) 代表取締役
    一般社団法人STEM教育協会 理事
    駿台電子情報&ビジネス専門学校デジタルクリエイター科 講師
    世田谷ハツメイカー研究所 代表

    東京造形大学美術科学絵画専攻卒業。グラフィックデザイン、Webデザイン、美術制作、音楽制作を行うとともに、IID世田谷ものづくり学校にて産学提携を軸とした、プログラマーやデザイナーの育成カリキュラムを実施している。2015年より、mBotを使った親子向けワークショップやプログラム教室を展開している。

    [TV出演]
    ・BSフジ beプログラミング2 算数担当

    [ラジオ出演]
    ・bayFM A-labo index

    [著書]
    ・FOM出版 Makeblock公式書籍「mBotで楽しむレッツ!ロボットプログラミング」
    ・技術評論社 小学校の「プログラミング授業」実況中継

    [その他講師実績]
    ・内閣府主催理工チャレンジ講師 http://www.gender.go.jp/c-challenge/
    ・駿台教育研究所講師 https://sundai-kyouken.jp/

    [メディア掲載]
    ・リセマム 「子どもたちは大人の発想を超えていく」プログラミング教育が今、必要な理由とは?
    https://resemom.jp/article/2018/03/02/43269.html
    ・こどものミライ オフィシャルライター
    https://kodomomirai.com/author/kukita/

  • 浅古 康友<small>Asako Yasutomo</small>
    浅古 康友Asako Yasutomo

    株式会社AzhaiCommunications

    将来自分で会社を起こしたいということからビジネスを学んでいる。また、教育事業担当として主にハツメイカー研究所のコンテンツを充実させることや、自分自身が講師となり、日々勉強しながらプログラミング教育に取り組んでいる。

    [その他講師実績]
    ・世田谷区立松沢小学校「ロボットプログラミング講座」講師
    ・NPO法人CANVAS「mBotでロボットプログラミング」講師

     [メディア掲載]
    ・3D Fab インタビュー
    https://licensecounter.jp/3d-fab/interview/20180131_76.html

  • 齋藤響<small>Saitoh Hibiki</small>
    齋藤響Saitoh Hibiki

    株式会社AzhaiCommunications

    mBotを使ったプログラミングやScratchでのゲーム制作に興味がある。ハツメイカー研究所で子どもたちにプログラミングを教えながら、自ら作成したグラフィックやプログラミングを使い、ものづくりを研究している。

    [その他講師実績]
    ・世田谷区立松沢小学校「ロボットプログラミング講座」講師

料金(45分x12回分)

mBot Bluetooth Dongle セット
受講料(45分x12回分)

※ロボット代込み

30,000円(税込)
ロボット代について
  1. ロボット代には、mBot(Bluetooth Ver)とBluetoothDongleが含まれます。
  2. 既にmBotをお持ちの方はご相談下さい。
  3. 送料無料!ただし離島の場合は、別途送料500円かかります。

世界大会に挑戦

受講後は自分で研究して
世界大会にチャレンジ!

mBotを使ったロボットコンペティンション「MakeX」が世界30ヶ国で開催されています。
2018年度には、中国・広州で初めて世界大会が行われ、総勢350チームが参加しました。
MakeXのコンセプトは「創造・協力・共有」です。仲間と協力しながら、課題を解決しましょう。
mBotの使い方をマスターして、世界大会を目指してみよう!

お申し込みの流れ

  1. お申し込みフォームから申し込み

    お申し込みフォームから内容をご入力の上、お申し込みをお願い致します。
    お申し込み後、担当者よりお支払い手続きのご連絡を致します。

  2. 担当者からご連絡

    担当者がお申し込み内容を確認し、ご請求書をお送り致します。

  3. 期日までにお支払い

    ご請求書が届きましたら、期日までにお支払いをお願い致します。

  4. 専用URLの発行&ロボットの送付

    お支払い後、講座に参加するための専用URLを発行致します。
    こちらのURLにアクセスすることで授業にご参加いただけます。

    またお申し込みフォームにご入力頂いた住所にロボットの送付を致します。
    初回のご受講日までに組み立てをお願い致します。
    組み立てでご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  5. お申し込み完了

    以上で、お申し込み完了です。
    初回のご受講日になりましたら、専用のURLにアクセスし、ご受講ください。

お申し込み

受講コース

お子様の情報
お名前
ふりがな
学校名
学年

※小学4年生以下の方は、保護者様がサポート頂ける場合のみご参加可能です。

性別

保護者情報
お名前
メールアドレス
住所
電話番号
ロボットの購入(mBot + BluetoothDongle)
お支払い方法
世田谷ハツメイカー研究所を知ったきっかけ
ご意見・ご質問

ZOOMの設定

※ライブ配信ではZOOMを使用します。動作環境はこちらからご覧下さい。

ライブ配信は、タブレットやスマートフォンでもご視聴可能です。
パソコンでライブ配信の視聴とプログラミングを行うと少し窮屈です。

タブレットやスマートフォンでライブ配信をご視聴いただき、
パソコンでプログラミングを行うと操作がしやすいのでおすすめです。

ZOOMアプリのインストール方法

生徒の声

  • コカゲくん(小4)
    初級コース 楽しかった!中級コースも楽しみです!

    ロボットにプログラミングをして、障害物があったら避けさせるところ・ブザーで音楽を作るところが特に楽しかったです。中級コースも楽しみです。

     

    息子は大分興奮しており、宿題の曲の作成も、自分のお気に入りの曲を早速入力して、完成させてました。
    私でも楽しいので子供達にはたまらなく楽しい勉強だと思います。(コカゲくん・父)

よくあるご質問
  • ご受講に関して
    1. iPadやiPhoneでも受講はできますでしょうか。

      オンライン授業は、iPadやiPhoneでもご視聴可能です。 ご視聴できる環境については、こちらからご覧下さい。 また、プログラムをする際にはPCが必要になります。 iPadやiPhoneではアプリケーションが使用できません。 事前に「mBlock3 for PC」のダウンロード(無料)をこちらからお願い致します。

    2. 授業に参加できなかった場合、後日録画を見ることはできますでしょうか。

      後日録画を見ることは可能です。 毎授業後に録画をお送りしております。

    3. 小学4年生以下ですが、受講は可能でしょうか。

      小学4年生以下の方でも、保護者様の付き添いが可能な場合に限り、ご受講頂けます。

    4. 保護者の付き添いは可能でしょうか。

      ご受講中の付き添いは可能です。 パソコン操作になれていないお子様にはサポートをお願い致します。

    5. パソコンを触ったことがなくても、受講できますでしょうか。

      ご受講は可能ですが、事前にアプリケーションの操作に慣れておく事を推奨致します。

  • パソコンの設定
    1. イヤホンやマイクは用意した方が良いでしょうか。

      イヤホンまたはヘッドホンをご用意頂いた方が、音声を聞き取りやすいです。 また、マイクのご用意は必須になります。 パソコンにマイクが付属されていない場合は、ご用意をお願い致します。

    2. インターネットに繋がっていなくても、受講できますでしょうか。

      インターネットに繋がっていない場合は、ご受講できません。

    3. 必要なパソコンスペックの目安はございますでしょうか。

      必要なパソコンスペックに関しましては、こちらのページをご覧下さい。

  • ご受講中のトラブルに関して
    1. ロボットとパソコンの接続がうまくできません。

      接続方法に関しましては、こちらのページをご覧下さい。

    2. 受講中にパソコンが動かなくなってしまいました。

      パソコントラブルにはご対応できません。 ご購入先の事業主様へお問い合わせ下さい。 また、パソコントラブルによりご受講できなかった場合の返金はできません。