ロボットプログラミング
オンデマンド講座がスタート!

  • 2020年から小学校でプログラミングが必修化されます。 小学校で授業が始まる前に、プログラミングにチャレンジしてみましょう!
    オンデマンド講座では、ご自宅にパソコンとインターネット環境があれば、日本全国どこからでも手軽にロボットプログラミングの基礎が学べます。



  • ①インプット
    オンデマンド講座を視聴し、基本的な知識を身につけます。

    ②トライ&エラー
    オンデマンド講座で出題されるお題にチャレンジします。課題ができたら、GoogleClassroomにて提出します。

    ③アウトプット
    月に1度、全国の受講生が集まる生中継で研究成果を発表します。


    おすすめの学習方法はこちら






  • プログラミングの基礎を身に付ける

    マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発したビジュアルプログラミングソフト「Scratch」をロボットプログラミング用にカスタマイズした「mBlock」を使って、プログラミングを学習していきます。ビジュアルプログラミングは、プログラムを数字や英語などの文字で記述するのではなく、ブロックを並べてプログラムします。タイピングミスを気にすることなく、簡単にプログラムの勉強ができます。

  • プログラミングができると良いのはなぜ?

    今までは先生の持っている知識を生徒に伝える「知識偏重型教育」でした。これからは生徒が得た知識をどのように活用するのかが求められてきます。プログラミングはトライ&エラーを繰り返すことができます。多様な視点で試行錯誤を重ねていくことで、クリティカルシンキングと創造力を鍛え、視野や考えが広がる源になります。

  • 新しい時代を生き抜く力を身に付ける

    スマート家電や自動運転車などと共存していく時代、地球上の様々な問題を解決しなければならない時代。「コンピューターが得意なこと」・「人間にしかできないこと」それは何かを知っておくことが重要です。みんなで考えていきましょう。

学習内容

  • 【学習内容】初級編

    全12章を通して、ロボットプログラミングの基礎を学習していきます。
    パソコン上のデジタルデータと、ロボット自体のアナログ素材を扱い、考える力を身につけます。

    知識を一方的に伝えるのではなく、意味づけをしながら進めていきます。
    動画を見て一緒に考えながらプログラミングにチャレンジしてください!

    1. 第1章

      組み立て(約17分)
      プログラミングを学習する前に、まずはロボットを組み立てます。どのパーツがどのような役割で、どこについているか。確認しながら組み立てていきましょう。

      mBotの組み立ては、細かいネジをたくさん使います。
      種類ごとに分けると効率良く組み立てができます。
      お皿を4つ用意しておくと、便利です。

      ※Bluetoothモジュールをマイコンに取り付けるシーンがございますが、最新版ではすでにBluetoothモジュールがマイコンに装着されている場合があります。

    2. 第2章-前編

      プログラムとは何か?(約5分)
      プログラムって何だろう?
      人間が使う「言葉」とどのように違うのか考えてみよう。

      私たちは想像力を使って、相手の気持ちをくみとることができる。では、ロボットやコンピューターはどうでしょうか?

    3. 第2章-後編

      プログラムの仕組みについて(約7分)
      コンピューターの言葉はどういう仕組みなのか?
      プログラムの仕組みを見ていきましょう。

      mBlockのプログラミングの考え方は「イベント駆動型プログラミング」といいます。実は私たちも普段、イベント駆動型プログラミングによく似た動きをしています。

    4. 第3章

      Bluetooth接続&モーター十字キーコントロール(約10分)
      パソコンとmBotを接続してみよう。
      mBotを自由自在に動かせるようにプログラムしてみよう。

      電波にはいろいろな種類がありますが、mBotが使っているBluetoothはデジタル信号を使っています。
      たとえば、AMラジオの電波はアナログ信号を使っています。
      デジタル信号とアナログ信号の違いを知っていますか?

    5. 第4章

      ブザーで作曲(約23分)
      音の高さや長さを自由に設定して、好きな音楽を作ってみよう!

      mBotには、ブザーがついています。
      ブザーの仕組みを知っていますか?

      また、mBotの音階は少しわかりにくいので、変数を使って自分で音を設定してみましょう。

    6. 第5章

      LEDライトを光らせる(約11分)
      mBotのボード上のLEDライトの色を変更します。
      色の仕組みを理解しましょう。

      LEDライトは、光の三原色(RGB)を混ぜて色を作ります。
      RGB各色256パターンの色があり、組み合わせると約1677万通りの色を表現できます。

    7. 第6章

      超音波センサー自動ブレーキ(約14分)
      超音波センサーを使って、自動ブレーキで障害物を回避するmBotにしてみよう。

      超音波を知っていますか?
      たとえば、コウモリは超音波を出して、空を飛ぶときにものを避けています。

      条件分岐を使って、障害物があったらものを避けるプログラミングを作ります。

    8. 第7章

      ライントレース自動運転(約20分)
      ライントレースセンサーを使って、自動運転で走行するmBotにしてみよう。

      今まではBluetoothで無線接続していましたが、処理が間に合わない場合があります。

      mBotに自分の作ったプログラムをインストールする方法を使ってみましょう。

    9. 第8章

      光センサーで部屋の明るさをはかろう(約9分)
      mBotは光の明るさを測ることもできます。
      いろいろな場所の明るさを調べてみましょう。

      光センサーのブロックは、「レポーターブロック」といって他のブロックと組み合わせて使う必要があります。

    10. 第9章

      赤外線センサーメッセージ(約10分)
      赤外線リモコンを使って、mBotにメッセージを送ってみましょう。

      mBotにプログラムを入れることで、リモコンのボタンをオリジナルにカスタマイズすることができます。

      どのようなプログラムをいれましょう?

    11. 第10章

      超音波テルミン(約10分)
      超音波センサーを使って、手を動かすだけでテルミンのように音を奏でてみましょう。

      テルミンとは、1919年にロシアの発明家テルミンが発明した世界で最初の電子楽器のことです。

      演奏できるように練習してみましょう。

    12. 第11章

      光センサーグラフ(約11分)
      データを数字だけで見ていると、イメージが掴みづらい。
      ステージにグラフを書いてみましょう。

      光センサー以外にもグラフにできそうなものはあるかな?

    13. 第12章

      タイルコースゲーム(約21分)
      mBotを自動運転させて、タイルで作ったコースをゴールまで動かすゲームをやってみよう。

      ここでは、関数を使用します。
      複数の命令をまとめて1つの処理にすることができます。
      また処理に好きな名前をつけることもできます。

  • 【学習内容】中級編

    初級編に続き、全12章の中級編がリリース!

    中級編では、mBotのセンサーを使った応用プログラム・mBotの車以外の形に応用した使い方を紹介しています。

    動画で学習した後は、自分だったらどんなものを作るか考えてみましょう!

    1. 第1章

      超音波センサーを使ってパンダの大きさを変えてみよう!(約10分)

      超音波センサーを使って、mBlock5の画面にいるパンダの大きさを変えてみましょう。

      どんな条件分岐にしたら良いかな?

    2. 第2章

      光センサーを使ってパンダが光って回るようにしよう!(約10分)

      光センサーを使って、部屋が明るいとき・暗いときでパンダの動きを変えてみましょう。

    3. 第3章

      ライントレースセンサーを使ってパンダ右左に動くようにしよう!(約9分)

      ライントレースセンサーでパンダをコントロールできるようにプログラミングしてみましょう。

    4. 第4章

      赤外線センサーとリモコンを使ってパンダが右左に歩くようにしよう!(約9分)

      mBotの赤外線にリモコンから指示を出してみましょう。自分だけの設定をすることもできるよ!

    5. 第5章

      タイルコースゲーム・LEDライト編(約13分)

      LEDライトを使ったタイルコースゲームの応用編にチャレンジしてみましょう。

    6. 第6章

      タイルコースゲーム・ブザー編(約12分)

      ブザーを使ったタイルコースゲームの応用編にチャレンジしてみましょう。

    7. 第7章

      タイルコースゲーム・超音波センサー編(約11分)

      超音波センサーを使ったタイルコースゲームの応用編にチャレンジしてみましょう。

    8. 第8章

      タイルコースゲーム・光センサー編(約7分)

      光センサーを使ったタイルコースゲームの応用編にチャレンジしてみましょう。

    9. 第9章

      モーターを使って、スライドドアを作ろう!(約10分)

      ひびき先生と一緒に工作をしていきます。
      mBotを分解して、スライドドアを作ってみましょう。

      <必要な材料>
      ・mBotのモーター×1
      ・mBotのタイヤ×1
      ・mBotのmCore×1
      ・mBotの電池×1
      ・15cmの正方形に切ったダンボール×2
      ・15cmの正方形に切ったダンボールから5cm×7cmを切り抜いたダンボール×1
      ・5cm×7cmに切ったダンボール×2
      ・mBotのタイヤと同じ厚み+長さ20cmのダンボール×2
      ・ボンド
      ・ハサミ
      ・テープ

    10. 第10章

      モーターを使って、引分け戸を作ろう!(約8分)

      mBotを分解して、引分け戸を作ってみましょう。

      <必要な材料>
      ・mBotのモーター×2
      ・mBotのタイヤ・ゴム×2
      ・mBotのmCore×1
      ・mBotの電池×1
      ・20cm×12cmの長方形から10cm×7cmを切り取ったダンボール×1
      ・20cm×5cmに切ったダンボール×1
      ・7cm×10cmに切ったダンボール×2
      ・5cm×12cmに切ったダンボール×2
      ・ボンド
      ・ハサミ
      ・テープ

    11. 第11章

      モーターを使って、シャッターを作ろう!(約11分)

      mBotを分解して、シャッターを作ってみましょう。

      <必要な材料>
      ・mBotのモーター×1
      ・mBotのタイヤ×1
      ・mBotのmCore×1
      ・mBotの電池×1
      ・10cm×15cmに切ったダンバール×2
      ・10cm×15cmの長方形から4cm×7cmを切り取ったダンボール×1
      ・2.5cm×7cmに切ったダンボール×1
      ・5cm×7cmに切ったダンボール×1
      ・1cm×10cmに切ったダンボール×1
      ・4cmの正方形に切ったダンボール×1
      ・2cmの正方形に切ったダンボール×1
      ・20cm~30cmの糸
      ・持ち手が長い画鋲
      ・ボンド
      ・ハサミ
      ・テープ

    12. 第12章

      モーターを使って、回転扉を作ろう!(約11分)

      mBotを分解して、回転扉を作ってみましょう。

      <必要な材料>
      ・mBotのモーター×1
      ・mBotのタイヤ×1
      ・mBotのmCore×1
      ・mBotの電池×1
      ・11cm×12cmに切ったダンバール×2
      ・12cmの正方形に切ったダンボール×1
      ・11cm×12cmの長方形から5cm×7cmを切り取ったダンボール×1
      ・5cm×7cmに切ったダンボール×4
      ・5cmの正方形に切ったダンボール×1
      ・ボンド
      ・ハサミ
      ・テープ

    13. ライブ配信で質問にお答えします!

      月に1回・第4月曜日にライブ配信
      オンデマンド講座を購入した方のみご参加いただけます。

      動画内で分からないことがありましたら、ライブ配信にてお気軽にご質問ください。
      また動画の最後に出題するお題の答え合わせをします。

      開催が近づきましたら、お申し込みのメールアドレスに視聴のご案内を致します。

      ※お子様のみご参加ください。(隣で保護者様のサポートはOKです。)
      ※顔を映せる方のみご参加いただけます。
      ※Google Meet使用します。(会員登録など不要です。)
      ※ご購入されたか不明の方がいた場合、本人確認をさせていただく場合がございます。

      開催予定日:10/26、11/30、12/21(※順次更新致します。)
      時間:17時開始(45分程度)

学習の流れ

おすすめの学習方法は3ヶ月間で終了ですが、動画のレンタル期間は6ヶ月間ございます。
残り3回分の生中継講座は、自分の研究を発表してください!

Google Classroom への課題提出方法はこちらからご確認ください。

クラスコード:xcbxms5

講師

講師
  • 齋藤響<small>Saitoh Hibiki</small>
    齋藤響Saitoh Hibiki

    株式会社AzhaiCommunications

    mBotを使ったプログラミングやScratchでのゲーム制作に興味がある。ハツメイカー研究所で子どもたちにプログラミングを教えながら、自ら作成したグラフィックやプログラミングを使い、ものづくりを研究している。

    [その他講師実績]
    ・世田谷区立松沢小学校「ロボットプログラミング講座」講師

     

監修・ライブ配信講師
  • 久木田 寛直<small>Kukita Hironao</small>
    久木田 寛直Kukita Hironao

    株式会社Azhai Communications(アザイ・コミュニケーションズ) 代表取締役
    一般社団法人STEM教育協会 理事
    駿台電子情報&ビジネス専門学校デジタルクリエイター科 講師
    世田谷ハツメイカー研究所 代表

    東京造形大学美術科学絵画専攻卒業。グラフィックデザイン、Webデザイン、美術制作、音楽制作を行うとともに、IID世田谷ものづくり学校にて産学提携を軸とした、プログラマーやデザイナーの育成カリキュラムを実施している。2015年より、mBotを使った親子向けワークショップやプログラム教室を展開している。

    [TV出演]
    ・BSフジ beプログラミング2 算数担当

    [ラジオ出演]
    ・bayFM A-labo index

    [著書]
    ・FOM出版 Makeblock公式書籍「mBotで楽しむレッツ!ロボットプログラミング」
    ・技術評論社 小学校の「プログラミング授業」実況中継

    [その他講師実績]
    ・内閣府主催理工チャレンジ講師 http://www.gender.go.jp/c-challenge/
    ・駿台教育研究所講師 https://sundai-kyouken.jp/

    [メディア掲載]
    ・リセマム 「子どもたちは大人の発想を超えていく」プログラミング教育が今、必要な理由とは?
    https://resemom.jp/article/2018/03/02/43269.html
    ・こどものミライ オフィシャルライター
    https://kodomomirai.com/author/kukita/

料金

①mBot本体+オンデマンド動画12章セット

※オンデマンド動画の視聴期間は6ヶ月間となります。
※個人利用限定となります。学校や塾で使用をご希望の方は、
こちらのページをご参照ください。

19,800円(税込)
送料についてについて
  1. 別途送料がかかります。
  2. 地域ごとに送料が異なります。
    北海道:1,370円
    北東北:1,040円
    南東北・関東・信越・北陸・中部:930円
    関西:1,040円
    中国・四国:1,150円
    九州:1,370円
    沖縄:1,370円


②オンデマンド動画12章セット

※オンデマンド動画の視聴期間は6ヶ月間となります。
※個人利用限定となります。学校や塾で使用をご希望の方は、
こちらのページをご参照ください。

6,600円(税込)
③オンデマンド動画(各1本)

※オンデマンド動画の視聴期間は6ヶ月間となります。
※個人利用限定となります。学校や塾で使用をご希望の方は、
こちらのページをご参照ください。

550円(税込)


「mBot本体+オンデマンド動画12章セット」または「オンデマンド動画12章セット」を
ご購入の方には、おまけ動画をプレゼント致します!


・おまけ動画 約14分
内容:プログラムの組み方、図形を描いてみよう

・おまけ動画 約10分
内容:マウスの使い方、mBlockのブロックの使い方


世界大会に挑戦

受講後は自分で研究して
世界大会にチャレンジ!

mBotを使ったロボットコンペティション「MakeX」が世界60ヶ国で開催されています。
2019年度には、中国・広州で世界大会が行われ、総勢450チーム・2500名が参加しました。
MakeXのコンセプトは「創造・協力・共有」です。仲間と協力しながら、課題を解決しましょう。
mBotの使い方をマスターして、世界大会を目指してみよう!

MakeXの詳細はこちら

ご購入の流れ

  1. 下記フォームからお申し込み

    お申し込みフォームから内容をご入力の上、お申し込みをお願い致します。
    お申し込み後、担当者よりお支払い手続きのご連絡を致します。

  2. 担当者からご連絡

    担当者がお申し込み内容を確認し、ご請求書をお送り致します。

  3. 期日までにお支払い

    ご請求書が届きましたら、期日までにお支払いをお願い致します。

  4. オンデマンド動画クーポンコードの発行&ロボットの送付

    お支払い後、オンデマンド動画のクーポンコードを発行致します。
    こちらのクーポンコードを使用することで動画を無料でご購入いただけます。

    またロボットをご購入の方には、お申し込みフォームにご入力頂いた住所に送付致します。

  5. お申し込み完了

    以上で、お申し込み完了です。
    動画を視聴される前に、プログラミングをするためのアプリケーション「mBlock5」をダウンロードしましょう。
    アプリケーションのダウンロードはこちら
    ご不明な点等ございましたら、お問い合わせください。

お申し込み

教育機関でご利用の方は、こちらのページをご確認の上、お問い合わせください。


購入者情報
お名前
メールアドレス
住所
電話番号
購入プラン
お支払い方法
WWWハツメイカー研究所を知ったきっかけ
ご意見・ご質問

教育機関でご利用の方へ

初期費用無料!月額5,500円から利用可能!

生徒のプログラミング学習をサポート致します。

学校や塾などの教育機関を対象に、プログラミング学習をサポートさせていただきます。
オンデマンド講座での学習に加え、実際に出張授業をさせていただくことも可能です。
プログラミング教育でお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

オンデマンド講座使用のメリット

  • ①講師の人材不足を解消

  • ②授業レベルの個人差解消

  • ③専門家による技術サポート

ご利用シーン

・動画授業を始める学校(塾)の場合

1.弊社にお電話またお問い合わせ
2.サービスのご紹介、要望・ニーズ(講師向けに研修がしたい、不安なので授業中もサポートしてほしいなど)をヒアリング
3.ご要望に対して、企画ご提案・お見積り

・オンデマンド講座を配信したい学校(塾)の場合

1.弊社にお電話またお問い合わせ
2.サービスのご紹介、使用用途のご確認
3.お見積り

ご利用料金

・1クラス5名~11名の場合

月額 5,500円(税込)
アカウント 5個まで
サービス内容 オンデマンド講座の視聴、30分間のオンラインサポート(1回のみ)
契約期間 6ヶ月間〜

・1クラス12名~30名の場合

月額 11,000円(税込)
アカウント 10個まで
サービス内容 オンデマンド講座の視聴、60分間のオンラインワークショップ開催(1回のみ)
契約期間 6ヶ月間〜
オプション ・2回目以降の60間のオンラインワークショップ(1回5,500円)
・授業オンラインサポート(1時間5,500円)

その他、別途ご要望に対してお見積り致します。お気軽にご相談ください。

mBotで学べること

mBotとは?

mBotは、Makeblock社が開発したSTEAM教育用ロボットです。

Makeblockは2013年に設立された、中国深セン市に本社を置くSTEAM教育のソリューションプロバイダーです。
学習用製品の提供と、青少年向けの国際ロボットコンテストの運営サポートを行なっています。

Makeblockの製品は、世界140以上の国と地域で販売されており、世界25,000以上の学校に導入され、教室や家庭のSTEAM教育の場で広く使われています。

※STEAMとは、5つの教育分野「Science(科学)・Technology(技術)・Engineering(工学)・Art(芸術)・Mathematics(数学)」の頭文字で、これらの学問領域を一括して扱う教育方法です。

約40分で組み立て可能!

オンデマンド講座で使用するSTEAM教育用ロボット「mBot」は、小学生のお子様でも約40分から50分程度で組み立てることができます。

今まで数多くの子どもたちが組み立てる様子を見てきましたが、組み立て方が分からないからといって途中で投げ出してしまう子はいませんでした。
説明書も、イラストを見て直感的に理解できる内容になっています。

自分でロボットを組み立てることで、構造や仕組みを学ぶことができます。
また、ロボットに対しての愛着が湧き、大事に扱うようになります。

コストパフォーマンスが優れている!

車体は、厚手のアルミニウム製で出来ており、頑丈です。
落としたり、ぶつけたりしても壊れにくい作りになっています。

また60種類を超えるセンサーを取り付けることができ、応用次第では、使い方は無限大です。
オンデマンド講座では、全12章で基礎を学ぶ講座を配信していますが、今後、センサーを使ったパッケージやロボットコンペティション対策のパッケージも配信予定です。

またパーツは500種類以上あり、mBotの形だけに留まらず、自分だけのロボットにすることも可能です。

ロボットコンペティションに挑戦してみましょう!

mBotを使ったロボットコンペティンション「MakeX」が世界60ヶ国で開催されています。
2019年度には、中国・広州で世界大会が行われ、総勢450チーム・2500名が参加しました。
MakeXのコンセプトは「創造・協力・共有」です。
mBotの使い方をマスターして、世界大会を目指してみよう!
http://www.makex.io/

中高生になっても継続学習可能!

プログラミングは、「mBlock」というアプリケーションを使用します。
Scratchに基づいたドラッグ&ドロップでプログラミングが可能です。
また、Arduino開発環境(IDE)でもプログラミングができます。
アメリカでは、マサチューセッツ工科大学をはじめ、オハイオ州立大学などでも導入されており、中高生や大学生になっても継続して学習ができます。
500種類以上のパーツがあるので、製品プロートタイプを作ることも可能です。

mBotの可能性

子どもたちが興味を持つ視点はさまざまです。
コンピューターへの命令(プログラム)に興味を持つ子、ロボットの構造(エンジニアリング)に興味を持つ子、ロボットの表層(デザイン)に興味を持つ子、ロボットを使った遊び(プランニング)に興味を持つ子。

mBotを使って、操作をすることで、終わりではありません。
まずはこのロボットで興味を持ち、しくみや機能を理解できたあと、自分のオリジナルのロボットに変身させていく楽しさを見つけてくれることを願っています。

製品概要

・約20種類のパーツがあり、ロボットの構造を学びながら、約40~60分で組み立て可能
・6種類のセンサーがあり、応用次第で使い方は無限大です。

ブザー:ブザーが鳴る仕組み、音について理解を深める
LEDライト:光の三原色とは何か、約1677万通りの色を表現できる
光センサー:光の明るさを測ることができる
超音波センサー:超音波とは何か、もしなら(条件分岐)を使って障害物を避ける
ライントレースセンサー:黒い線の上を辿る、線を辿る仕組みとは何か
赤外線センサー:赤外線とは何か、リモコンとの通信、mBot同士の通信ができる

mBotの詳細はこちら
mBlockのダウンロードはこちら

よくあるご質問
  • ご受講に関して
    1. オンデマンドとは何ですか?

      観たい時に視聴することができるサービスです。 わかりづらいところを何度も繰り返し再生したりと身につくまで学習することができます。 (視聴期限は、ご購入から6ヶ月間) また動画で分からない点は、月に1回のライブ配信でご質問ください。 講師が回答させていただきます。

    2. iPadやiPhoneでも受講はできますでしょうか。

      オンデマンド自体のご視聴は、iPadやiPhoneでもご視聴可能です。 ご視聴できる環境については、こちらからご覧下さい。 また、プログラムをする際にはPCが必要になります。 iPadやiPhoneではアプリケーションが使用できません。 事前に「mBlock5 for PC」のダウンロード(無料)をこちらからお願い致します。

    3. 初心者ですが、受講は可能でしょうか。

      動画は何度も繰り返し見返せます。 初心者の方でも自分のペースで進めることができます。

    4. 保護者の付き添いは必要でしょうか。

      パソコン操作になれていないお子様にはサポートをお願い致します。 動画は繰り返し視聴可能です。進捗に合わせて、動画を停止させながらお子様のペースでご視聴ください。

    5. パソコンを触ったことがなくても、受講できますでしょうか。

      おまけ動画では、マウスの操作の仕方からご説明させていただいております。 パソコン操作が初めての方は、おまけ動画からのご視聴をおすすめ致します。

  • パソコンの設定
    1. Bluetoothのバージョンに指定はございますでしょうか。

      mBlock 5には、USB経由とBluetooth 4.0経由の2つの方法でデバイスを接続することができます。 詳しくはこちらのページよりご確認ください。 http://docs.makeblock.com/mbot/jp/  

    2. イヤホンやマイクは用意した方が良いでしょうか。

      イヤホンまたはヘッドホンをご用意頂いた方が、音声を聞き取りやすいです。

    3. インターネットに繋がっていなくても、視聴できますでしょうか。

      基本的にインターネットに繋がっていない場合は、ご視聴できません。 Vimeoの有料会員のみダウンロードの機能をお使いいただけます。 詳細はこちら

    4. 必要なパソコンスペックの目安はございますでしょうか。

      プログラミングソフト「mBlock5」の必要なパソコンスペックに関しましては、こちらのページをご覧下さい。

  • ご受講中のトラブルに関して
    1. 動画を観ても分からないところがあります。

      月に1度ライブ配信を開催致します。 ライブ配信にご参加いただき、ご質問ください。

    2. ロボットとパソコンの接続がうまくできません。

      接続方法に関しましては、こちらのページをご覧下さい。